1. ハイパーボックス
  2. ドメインキーパー
  3. MSP
24時間365日受付サポートセンター

Security Services

セキュリティーサービス(オプション)

IPS+WAF

ドメインキーパーのIPS+WAFは、クラウド型WAFサービスを提供しています。
エージェントソフトウェア(攻撃遮断プログラム)をお客様のサーバへインストールすることにより、クラウド上の監視センターへログを送信、WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)機能に加え、IPS(不正侵入遮断)機能を提供しているので各種攻撃に対応が可能です。

IPS+WAFのしくみ
対応する攻撃一覧
対応する攻撃 ● ブルートフォースアタック
● SQLインジェクション
● クロスサイトスクリプティング
● ディレクトリトラバーサル
● OSコマンドインジェクション
● 改行コードインジェクション
● コマンドインジェクション
● LDAPインジェクション
● ファイルインクルード
● URLエンコード攻撃
● 各種OSやミドルウェアなどの脆弱性を突いた攻撃
● その他のWEB攻撃全般
クラウド型 WAFとは

クラウド型WAFはハードウェアやソフトウェアを調達する必要がなく、サーバの一時停止やネットワーク構成を変更する必要もありません。
対象のサーバーにはサーバーの性能を落とす事のない軽微なエージェントソフトを当社にてインストールするため、導入コストや手間を削減することができます。
また、運用や保守はベンダーがクラウド環境で行うため、専任の担当者は不要で迅速に最新の脅威に備えることができます。

機能

お客様がご利用いただく管理画面/ダッシュボードでは下記の機能がご利用いただけます。

ダッシュボード

攻撃の状況、検知履歴、検知数の推移(日別)、検知数の推移(週別)、攻撃元ランキング、撃種別の分布、お知らせ を見ることができます。

検知履歴

検知した攻撃の詳細を確認できます。

[攻撃対象IP/FQDNを指定]
[攻撃対象サービスを指定]
[攻撃元IPを指定]
[攻撃種別を選択]

上記の4つの項目のプルダウンメニューを選択し、絞り込んで、履歴を表示する事とそれらの内容を右上の [ダウンロード] をクリックすることによって、エクセルファイルでエクスポートする事ができます。

サービスの管理

サービスID の確認とサービスの新規作成ができます。
[詳細を見る] をクリックするとサービスの詳細が表示され、下記の項目の設定、または確認ができます。

・サービス名
・プラン
・サイト種別
・サーバ種別
・サイトURL
・ホワイトリスト
・防御証明メール ON or OFF
・防御証明メールの送信先
・接続状況の変化を通知 ON or OFF

統計データ

検知数の推移(日別)、攻撃の状況、攻撃元ランキング、攻撃種別の分布、検知履歴 が確認できます。

レポート

月単位で、レポートが公開され、ダウンロードし、確認することができます。

料金

単位 1IP 追加1IP(4IP以降)
初期費用 10,000円
※エージェントソフトインストール費用 20,000円
月額費用 40,000円 10,000円

※サーバーにエージェントソフトのインストールをご依頼いただく場合の費用です。
※サーバーにエージェントソフトのインストールをご依頼いただく場合は、サーバーのログイン情報をご連絡いただく必要があります。

MSPサービスに関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
パンフレットのダウンロード
ダウンロード
お電話でのお問い合わせ
PAGE TOP